クリスチャン・リース・ラッセンの知名度があがったきっかけとは

ラッセン最新リサーチ

1976年から画家として活動を開始したラッセンの名前が有名になったきっかけは、国連のイメージアート担当就任です。

ラッセン最新リサーチのメインイメージ

クリスチャン・リース・ラッセンの知名度があがったきっかけとは

ジグソーパズルになったり原画展が行われたりとイルカのアート作品で有名なアーティストがラッセンです。

ちょうど日本のバブル期に人気が出たので来日展なども多く開催されて多くのファンを掴みました。

ではラッセンはどういったキッカケでこれほど有名になったのでしょうか?

この記事では【クリスチャン・リース・ラッセンの知名度があがったきっかけ】について解説します。

★1983年にラッセンの絵画が大きく注目される!

海の魅力に取り憑かれたラッセンが画家として作家活動を開始したのは1976年でした。

ラッセンの名前を一躍有名にしたのは国連のクリーン・オーシャン・キャンペーンのイメージアートを担当することになったからです。

ラッセンはサンクチュアリの絵を描きました。

この作品に心を動かされたのは国連関係者だけではなかったのです。

1992年には国連の記念切手にも採用されました。

★環境保護活動も積極的なクリスチャン・ラッセン。

アーティストの活動は国連だけでなく積極的な創作活動をしてファンに感動を与えました。

今ではクリスチャン・リース・ラッセンというアーティストの名前を知らない人がいないほど有名になりました。

作家活動・批評家・文化人としての側面もある彼ですが、今でも多くのファンの期待に応えようと、毎日のように創作活動に邁進しています。

クリスチャン・リース・ラッセンの作品を購入したい人も多く参考価格を見たいから直筆の原画展や展示会に足を運ぶ人も多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加