ラッセンは環境保護活動にも熱心

ラッセン最新リサーチ

ラッセンは美しい自然や海を守ろうと、自身の収益を使って環境保護団体を立ち上げました。

ラッセン最新リサーチのメインイメージ

ラッセンは環境保護活動にも熱心

イルカのアート作品で有名なアーティストのクリスチャン・リース・ラッセン。

絵画の著者の顔だけでなく、環境保護活動家としての文化人としても知られています。

今回は【環境保護の活動をするラッセン】についてご紹介します。

★サーフィンも絵画と同じほど愛していたラッセン。

日本でもファンが多いラッセンですが来日展や展示会では多くの人たちが感動をしています。

ラッセンはサーフィンのレベルもティーンエイジャーの後半にはプロフェッショナルレベルの腕前になります。

10歳のころアメリカ本土からハワイに移住しましたが、ハワイの自然に魅了されて多くの刺激を受けたのでしょう。

それ以降の活動に影響を与えたと思われます。

★美しい自然や海を守りたいと考えたラッセン。

アーティストとして販売した収益を使って環境保護団体を立ち上げます。

それがシービジョン財団です。

いろいろな環境保護団体や研究機関へ資金援助をしています。

★環境映画にも出演するラッセン。

その映画とコラボしてポスター製作もしています。

今でも原画展・展示会・来日展などで環境保護に関係するイベント活動をしています。

クリスチャン・リース・ラッセンの環境保護にかける情熱は本物です。

多くの文化人たちも彼の活動を支持しています。

ハワイやイルカのイメージが強いアーティストですが、ビジネスを通じて環境保護活動をする行動力もあり魅力的な人物ですね。

クリスチャン・リース・ラッセンの原画を購入する価値はありますが参考価格を調べてからにしたほうがいいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加