ラッセンの作品の特徴と魅力を考える

ラッセン最新リサーチ

独特な版画技法を駆使する方法はクリスチャン・リース・ラッセンの魅力です。光沢があるボードに作品が描かれます。

ラッセン最新リサーチのメインイメージ

ラッセンの作品の特徴と魅力を考える

ハワイ在住のアーティストで有名なクリスチャン・リース・ラッセン。

彼が生まれたのはアメリカ本土でしたが、10歳になったときに移住したのがハワイです。

ハワイの自然の美しさが彼のアーティストとしての才能を開花させたのでしょう。

今回は【ラッセン美術の特徴】について掘り起こしてみましょう。

★海やイルカの作品が有名!

世界中でも名前が知れているアーティストの一人です。

日本人にも好まれる作風ですね。

ラッセンファンはとても多く開催される来日展・原画展・展示会では多くの人たちが訪れます。

原画は購入する価値がありますが、結構なお値段もしますから、参考価格をチェックしている人も多いです。

環境保護に関心を持つメッセージが込められていると分析する批評家もいます。

★エアブラシを使って描かれるのもラッセンの特長。

独特な版画技法を駆使する方法はクリスチャン・リース・ラッセンの魅力です。

キャンバスや紙の代わりに光沢があるボードを使います。

手彩とジークレーによって刷られる技法です。

これが作品の特徴になっているのは間違いないですし、仕上がりの表面はまるで写真のような光沢があります。

★鮮やかな色使い。

絵画芸術の世界でラッセンの色の深さを追求する風潮は批評家から、異端と言われていました。

ですが多くのファンは、その鮮やかで分かりやすい部分に魅了されます。

誰が見てもひと目でラッセン作品と認識できるのです。

ラッセンの絵画は存在感とインパクトがあり、強烈なメッセージ性もあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加